自前での脱毛処理の後は保湿メインの目的でクリームや乳液を

サロンでの永久脱毛とは違い、自分の手で行う脱毛法の殆どが元の毛根を完全に残すやり方ですから、一度処理してからしばらくすればムダ毛が復活し、その都度繰り返し同じ処理をしなければなりませんよね。

もちろんムダ毛の伸びるスピードにも依るのですが、処理のスパンをあまりに短くすれば刺激もより大きく肌を傷める事に繋がってしまいますし、逆にスパンを長くし過ぎればそもそも脱毛の効果が得られません。

その適度な感覚や程度を自分の中で早めに掴むというのが脱毛において重要となってくるのですが、繰り返しの脱毛処理の中で、その度に行う事となる肌のアフターケアが最も重要となってくる事に変わりは無いのです。

除毛剤を利用する、比較的痛みや刺激の少ない方法ならともかく、脱毛テープや毛抜き、家庭用の簡易脱毛器等、肌に大きな負担を掛ける脱毛方法を採用する際、その直後の肌を保湿ケアするクリームやローション、乳液にも気を使うべきでしょう。

と言ってもそれら製品のグレードを上げたりする必要は全く無く、脱毛の度に忘れず丹念に塗布をする心掛けを持てば大丈夫、という程度です。

私は元々脂性気味の肌で、自前の脱毛施術でもそうそう乾燥肌に見舞われる事は少ないものでしたから、若干サッパリ系の保湿クリームを軽く塗布しケアしていました。
京都の人気脱毛サロン調査ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です