東京千代田区「ステーキのくいしんぼ」。ウエスタンな雰囲気の店内でステーキを食べる

東京千代田区「ステーキのくいしんぼ」。ウエスタンな雰囲気の店内でステーキを食べる

【店名】
ステーキのくいしんぼ 
【所在地】
東京都千代田区富士見2-3-10 飯田ビル2F

【性別】男性
【年齢】56歳
【職業】昨年まで医療技術者として総合病院に勤務していました。


【お店を知ったきっかけ】
私の地元の静岡県ではステーキ店というと高級店のイメージで年に数回行くかでなじみがなかった。
仕事で東京に出張した際、神保町の界隈は大学が多いせいかリーズナブルな店が多く、手頃な値段で
ステーキが食べる事ができる店があります。
上記の店はそのひとつになります。
(首都圏を中心に
展開するチェーン店です。) 

【誰と行ったか】
一人で行くことが多いです




【お店の雰囲気】
首都圏を中心に展開するステーキの専門店です。
私は、渋谷センター街にある
店舗と前述した神保町の店によく通いましたが、現在コロナ禍の影響か閉店し
てしまっているようです。
 同じくよく通った飯田橋店は現在も営業しております。
学生や若者が多い印象です。
駐車場はなし。
 外観は、アメリカ西部劇に出てきそうな店内デザイン、座席は、テーブル席で
構成されカウンター席はない。
支払い方法は現金払い。
水は注文時に店員が持っ
てくる後はセルフ。
店員の対応は普通。
 店主わからず。
スタッフは皆若い。
客層は、学生や若者の利用が多い印象です。
昼は会社員も多い。
予約は必要なし。
席数が多いのであまり待合した経験は少ない。

【注文したもの】
サーロインステーキ(醤油ベースソース、にんにくチップトッピング)




【感想】
このお店では、ステーキをリーズナブルな価格で、1ポンドのボリュームで
注文したり200gのステーキを1から3枚と選択する事ができるので、自分が
堪能したい量のステーキを選ぶことができる。
 ステーキセットで注文すると最初にスープと野菜サラダが出てきます。
スープの味もこれから出て来るステーキの味を期待させるようなバランスの
味わいです。
 数分待つとライスと熱々に焼けれて熱気と湯気が漂うステーキが出てきます。
肉そのもの味は、弱いが、胡椒と醤油ベースの備え付けのソースを適量かけて
 私の場合にんにチップをトッピングしていたが、それらの相乗効果で、
大変おいしくステーキの味を楽しめた。
 ステーキの付け合わせは、もやし、インゲン、コーンと定番な感じだが
ステーキを味わう良いアクセントになります。




【他のメニューやトッピングなど】
この店は、ステーキの他にハンバーグが人気の店です。
ハンバーグもジューシーでボリュームがあります。
ハンバーグから肉汁がしたたり、食欲がそそります。
ハンバーグのサイズもメガサイズが用意されており1kg
になるようです。
 他にチキン、ソーセージ、店舗によりラム肉もある。
また、ビール等のアルコール類も選択できる。




【エピソード】
東京神保町は、学生の多い場所であることもあり、リーズナブルな値段で、
食事を楽しめる店が多く、私も出張等で東京を訪ねたときは三省堂書店や古書店街を
周ったついでにこの辺りの飲食店で食事をした。
 800円くらいの予算でサイコロ型のステーキを熱い鉄板で焼かれた状態でごはんと
食べられる店をよく利用した。
(今は閉店してない)
 ステーキのくいしんぼも同様の選択肢の一つの店として利用していました。
ステーキを手頃な価格でボリュームを楽しみながら食べるという店は少なくとも
地元にはない。




【知人の評判】
一人で食べるケースが多い。
お店自体は、数十年の老舗店が多いらしく、学生時代から社
会人になってからも通い続ける人も多いらしい。
やはり千円前後の価格でステーキを堪能できるのが魅力ではないだろうか。
 私も、神保町に行くと、カレー店が多いのだが、手頃な値段でステーキが食べれるならと
くいしんぼを選択してしまう事が多かった。
 




【他との比較】
肉が高級なのかは私の舌ではわからないが、焼き具合は、いつも満足している。
くいしんぼでは、ソースも和風醤油、バターチーズ、にんにくチップ、ねぎ塩等
に選択できるし、テーブルにもステーキソースや胡椒が置いてあり自分で選んで適
量をかけて食べる事ができる。
 私は、にんにくチップをトッピングしてやや胡椒を多めにふりかけ、ソースは少なめに
調整しているが、自分の好みで、熱々に焼かれた ステーキの味をアレンジすると良いと思う。
ステーキを2枚選択したら、ソースやトッピングのアレンジをそれぞれ変えて楽しむ事ができる。




【価格と満足度】
サーロインステーキを選んだり、ステーキのポンドや枚数を増やしても1500円から2000円の範囲内で
リーズナブルにステーキを楽しむ事ができます。
 ランチの時間には、ハンバーグ、ウインナー、コマ切れのステーキ肉を一度に楽しめるメニューもあります。
店舗によっては、ハンバーグもメガ級サイズもあるようです。
ガッツリ楽しみたい人の期待を裏切らない店です。




【期待すること】
コロナ禍の影響のためか、通い慣れていた神保町店や渋谷センター街店が
閉店してしまいました。
飯田橋店を含め「ステーキのくいいんぼ」が、今後も変わらず、千円前後の
リーズナブルな価格でステーキが食べれる店という事で継続してお店を営業
してほしい。
コロナ禍が落ち着いた頃には、ぜひ。
私もステーキを食べに来店
したい。



東京に行ってステーキをリーズナブルにおいしくしかもボリューム一杯に楽しむなら
「ステーキのくしんぼ」をどうぞ。
ステーキの量は200gを1から3枚やハーフポンド、1ポンドと自分の食べたいステーキの
量を選ぶ事ができます。
 セットを注文すれば、メインの食前に熱いスープと野菜サラダを楽しみその後に熱々で
湯気が立ち昇るステーキが運ばれてきます。

ステーキのくいしんぼ 
東京都千代田区富士見2-3-10 飯田ビル2F
男性・56歳・医療技術者
東京千代田区「ステーキのくいしんぼ」。ウエスタンな雰囲気の店内でステーキを食べる