伊勢崎市「ステーキビーノ」で群馬県産「赤城牛」のサーロインステーキ。口に広がる肉汁に驚く。高級ブランド牛に勝る味

伊勢崎市「ステーキビーノ」で群馬県産「赤城牛」のサーロインステーキ。口に広がる肉汁に驚く。高級ブランド牛に勝る味

【店名】
ステーキビーノ
【所在地】
群馬県伊勢崎市連取町

【性別】女性
【年齢】27歳
【職業】ライティング


【お店を知ったきっかけ】
地元の友人から教えてもらいました。
20年以上経営しているお店です。
赤城牛のサーロインステーキが絶品だと聞き、入店しました。

【誰と行ったか】
友人と二人で食事をしました。




【お店の雰囲気】
群馬レジャーランドの近くにあります。
お店はアメリカのテキサス州をイメージした造りになっています。
駐車場は10台くらいのスペースです。
カウンターは6席、4人テーブルが6つあります。
店長と思われる女性はかなり癖が強いです。
ちょっと怖いかもしれません。
家族連れが多いと思います。
人気のお店なため気軽には食べられません。
予約は必要です。

【注文したもの】
赤城牛 サーロインステーキ




【感想】
赤城牛は知名度は低いですが、松坂牛や飛騨牛といったブランド牛に劣らない牛肉です。
価格もリーズナブルで気軽に味わえます。
焼き加減はミディアムレアがおすすめです。
初めて食べたときは口に広がる肉汁に驚きました。
とても柔らかいお肉で、口の中ですぐに溶けてしまいます。
ほどよい甘さもあり上品なお肉です。
肉と塩コショウ、これだけでもおいしいです。
しかし特性のにんにくャ走をかけるとさらに食欲が増します。
匂いを嗅ぐだけでよだれが止まりません。
白いご飯が進みます。
パンよりご飯がおすすめです。
これを食べると日頃のストレスを忘れます。
これを食べるために仕事を頑張ろうと思います。
脂身が多いので胃もたれに注意です。
たくさんは食べられません。




【他のメニューやトッピングなど】
ステーキ以外にサラダ、ご飯、人参、じゃがいもが付いています。
前菜・副菜は普通のレストランの変わりありません。
お酒の提供はあります。
ワインが好きな人は合わせて注文もよいと思います。
卓上の調味料は岩塩とコショウだけです。
ソースは注文時に選択します。




【エピソード】
店主はちょっと怖いため話はしませんでした。
気軽に立ち寄って食べられる店でないため、電話で予約をしてから入店します。
その日も満席でした。
知人と久しぶりにビーノのステーキを食べましたが、おいしさに笑みがこぼれました。
以前よりも肉質はさらに良くなっていました。
脂身も抑えられています。
また食べたくなる味です。
楽しく食事することができました。




【知人の評判】
神戸牛や松坂牛もおいしいけれども、ここの赤城牛のサーロインステーキは本当においしいと言っていました。
私に共感してくれています。
伊勢崎市内で一番おいしいステーキ屋だと思います。
是非とも皆さんに味わってもらいです。




【他との比較】
県内のスーパーでも赤城牛は販売されています。
しかし個人では焼き方やオリジナルソースをマスターできません。
また赤城牛の中でも選び抜かれた上質なお肉です。
ステーキビーノに行って食べるのが一番だと思います。
ミディアムレアの焼き方はなかなか難しいです。
素人ができる技量ではありません。
またオリジナルソースも研究が必要です。




【価格と満足度】
高級ブランド牛と比較して価格はリーズナブルです。
しかしセットで4000円近くもするので高く感じるかもしれません。




【期待すること】
20年以上経営するお店のため、老朽化しています。
また店内が少し暗いです。
冬だと暖房をかけていても少し寒いです。
肉を食べて温まってくださいと言われればそれまでですが。
外観と内装をまるごとリフォームすると良いかもしれません。
若い女性が来やすい環境がほしいです。
女性とのデートではあまりお勧めできないかもしれません。



近場でおいしいステーキを食べたいと思ったら是非ステーキビーノ!厳選された赤城牛のサーロインを味わうことができます。
少し高いと感じるかもしれませんが、松坂牛や神戸牛に劣らない上質なお肉を堪能できます。
口の中に広がる肉汁は忘れることができません。
中毒のようにまた行きたくなります。
特製のにんにく醤油ソースもお勧めです。

ステーキビーノ
群馬県伊勢崎市連取町
女性・27歳・ライティング
伊勢崎市「ステーキビーノ」で群馬県産「赤城牛」のサーロインステーキ。口に広がる肉汁に驚く。高級ブランド牛に勝る味